梱包

お客さまの貨物に適した、さまざまな梱包方法をご提案いたします。

お客さまの機械、設備等を安全・確実に現地へ輸送することを目的に、輸出梱包のサービスをご提供します。

物流における様々な課題を解決

梱包業務フロー

STEP1お打ち合わせ・実機確認

貨物の実機確認を行い、貨物の特性、輸送方法を反映させた適切な梱包をご提案します。

STEP2搬出作業

お客さまの工場より安全、丁寧な作業で貨物を搬出します。

STEP3入荷

お客さまの貨物はリスト通りのものか、また傷やヘコミ等のダメージは無いか、細心の注意を払い大切に扱います。

STEP4梱包

お打合せによって決定されました梱包仕様に合わせ、採寸を行い、貨物を丁寧にパッケージングいたします。
また、梱包時は工程毎に独自の作業チェックシートにてチェックを行い、その都度写真の撮影を行います。

STEP5出荷

梱包完了、出荷確認が出来た貨物は弊社トラックにて、弊社保税倉庫へ搬入いたします。

梱包種類

スキッド梱包

写真の通り、腰下のみの部材で構成されている梱包形態です。近年、FCLの場合はこの仕様が多くなってきています。梱包資材が少ない分、単価も安く、コストを抑えるには最も効果的です。貨物を保護するための「側」が無いため、ダメージ等のリスクはその分高くなります。

クレート(すかし)梱包

側周りは内部が見える(すかし)ように間隔を開けて板を組んでいます。空間部分があること、ベニアを使用しないこと等から資材のコストパフォーマンスに優れていますが、仕組み作成に時間を要するため、作業料が割高となります。一方では、木箱内部を確認できるため、ハンドリング時や開梱時の安全性は高まります。

特殊クレート(すかし)梱包

弊社独自の梱包仕様です。通常のクレート梱包より更にコストダウンを図った設計となります。

ケース(密閉合板木箱)梱包

側廻りをベニアで覆い、密閉状態にした梱包仕様です。ベニア、木材を多用するため、コスト的には割高感がありますが、風雨から内部貨物をある程度保護することが出来ます。

ケース養生

オーバーサイズのケース梱包の場合、写真のようにブルーシートで覆い、海上での風雨等からケースを保護するために施工します。

防錆処理

防錆処理の一例です。VCI紙で貨物を覆い、更にバリア掛けをいたします。バリア内部に不活性ガスを充満させ防錆効果を高めます。貨物の特性により様々な防錆処理方法がございます。

梱包事例紹介

防振対策梱包

貨物重量、高さに適した「防振ゴム」を貨物と木箱構造部の間に装着、免震させる。

精密機械

特に精密機械は防湿、防錆処理を施し梱包を行います。

超大型貨物

大型の為に、公道運行ができない貨物は(長さ・幅・高さ・重量)港頭地区において梱包作業を行う事で問題解決されます。

まずはお気軽にご相談ください。TEL:054-354-3182